6月の結婚

今回の大変な事態で生活環境には様々な変化がありました。なかなか落ち着かない日々の中で春を過ごし、気付けばすっかり初夏の6月です。

結婚にまつわる言い伝えの一つでもある「June Bride」。皆様も一度は耳にされたことがあるのではないでしょうか。

June Brideは、6月に結婚する花嫁は幸せになることができるという意で知られています。

June Brideには諸説あるようです。

まず、ギリシャ神話において最高神として知られるゼウスの妃で、結婚や出産、育児の象徴とされる女神「ヘラ」(ローマ神話に登場する「Juno(ユノ)」と同一視されている)の守護する月が6月であることから、この月に結婚をすると生涯幸せに過ごせると言われています。

他の説では、昔、ヨーロッパでは3月~5月が農作業の繁忙期として結婚が禁じられており、解禁となる6月に挙式することが多かったというもの。また6月は復活祭のある季節でもあり、ヨーロッパ全体がお祝いの雰囲気で、多くの周囲からの祝福により、この時期に結婚をすると幸せになることができると考えられていたようです。

その他にも、気候において日本では6月は梅雨の時期ですが、欧米では乾季に入っている国が多く、挙式には適した気候だからという説もあるようです。

では、なぜ日本でJune Brideが意識されるようになったのか。梅雨の時期である日本において6月の挙式は決して多くなく、ブライダル業界では閑散期だった為、その時期の業績を盛り上げるべく、ある老舗ホテルが海外でのJune Bride文化を謳い広めていったと言われています。

June Brideに憧れる…とはいえ、やはり梅雨の時期でお天気は気になります。6月に拘られるお二人の中には、天候の影響を受けないような屋内の挙式を選ばれる方、6月に入籍のみされる方、海外挙式をお選びになる方等、お二人に合った様々な方法でご結婚されているようです。

今回、June Brideについて調べてみると興味深いお話が数多く見つかりましたが、誕生石についても非常に素敵な言い伝えがありました。

6月の誕生石は、真珠とムーンストーンです。

これらの石は、純潔・健康・知性・富などを意味します。

真珠は、ギリシャ神話において愛と美と性を司る女神アフロディーテが誕生した際、彼女の体から海へと落ちた泡の雫が真珠となったという逸話があるそうです。

また、ムーンストーンも「女神」や「月の化身」という石言葉があり、感受性を豊かにし女性的な魅力を高めたいときにパワーストーンとして身に着けられる石です。

結婚においても石においても「女神」にまつわるロマンティックなお話があり、6月は女性にとって何かしら特別な意味のある月なのかと感じられずにはいられません。


誕生石は1月から12月までの各月にちなむ宝石で、自分の誕生石を身に着けるとご加護があると考えられています。

美つ輪では、ご婚約指輪やご結婚指輪には勿論、その他のジュエリーにも誕生石を加えアレンジも可能です。お二人にとって大切なジュエリーにご自身の誕生石をセットし、さらに特別なジュエリーにされてみてはいかがでしょうか。

お二人にとって大切な想いを込めるジュエリーをお考えの際は、ぜひ美つ輪にご相談ください!  お二人の想いを形にすべく、 美つ輪スタッフが心を込めてお手伝いさせていただけましたら大変嬉しく思います。

皆様のご来店を心よりお持ち申し上げます。

  スタッフ 田中


【店舗情報】

美つ輪

https://mitsuwa-jewelry.com/

愛知県半田市更生町2-154-18

0569-23-2902

営業時間10時~17時

水・木曜日定休