結婚とダイヤモンド

梅雨が明けて、猛暑の日々が続く愛知県半田市。
ジュエリーショップ美つ輪も暑さに負けず、本日も営業しております。


みなさま、婚約指輪を思い描く際どんな指輪を想像されますか?
約9割の方が婚約指輪にダイヤモンドをあしらわれる程、ダイヤモンドが定番として考えられているようです。

そこで素朴な疑問として、何故ダイヤモンドが選ばれているのでしょうか?

婚約指輪の起源はエジプト時代の象形文字にもみられているようで、円の形は永遠に途切れることのないものの象徴として、結婚を意味しているという説がありました。また、古代ローマ時代では、約束を果たす誓いの印として鉄でつくられた指輪を贈っていたそうです。
その後、様々な宝石の加工技術が進歩し、王族や貴族の間で様々な宝石をあしらった華やかな婚約指輪が選ばれるようになっていったとのことです。
指輪を贈るという習慣が一般庶民にも普及したのは19世紀頃という説もありました。

日本では、指輪が広まり始めたのは江戸時代後期。一般的に広まったのはその後、戦後の西洋の文化が広まった高度成長期頃のこと、という説もあります。
当初は真珠や誕生石でつくられた指輪を贈ることが多く、その後、大手ジュエリー会社のキャンペーンにおける「ダイヤモンドは永遠の輝き」というキャッチコピーが有名になったこと等も経て、婚約指輪にはダイヤモンドをあしらうという考え方が定着していったようです。

では何故「ダイヤモンド」が選ばれ、これ程定着したのでしょうか?

ダイヤモンドは、 地表下の特定の深さの範囲にだけ存在する、高い温度と高い圧力条件の下、長い年月を経て自然に形成されます。ダイヤモンドは様々な大きさ、形、色で、そして変化に富んだ表面や内部の特徴をもって産出されます。その為、すべてのダイヤモンドが他にふたつとない特別な存在になります。

また、ダイヤモンドは唯一単一の元素から構成された宝石で炭素から成り、宝石としては、1つの組成から構成されるのはダイヤモンドのみになります。非常に高い温度と圧力の下で原子が集合した場合、原子と原子はより密集して結合し耐久性も高まります。そのダイヤモンドの形成過程こそが、摩耗や熱、化学物質に対して信じがたいほどの耐久性を生み出しているのです。

更に、採掘されたダイヤモンドの原石のすべてが宝石に利用できるというわけではなく、鉱山によっては産出した原石の内5%程しか宝石用として採れない場所もあります。
採掘されたダイヤモンドの原石が、熟練された職人の手により、最大限の美しい輝きをだす為に計算された理想とされるプロポーションに研磨され、宝石として成形されます。

こうしてダイヤモンドが宝石として私達の手元へ届くまでには、非常に特殊な環境下や長い年月、労力が関わっているのです。


このように、唯一無二の存在という希少価値の高さ・どんな過酷な状況をも乗り越える耐久性・宝石の王様と呼ばれるに値する美しい輝きが、結婚にまつわる指輪として選ばれている理由です。
また、ダイヤモンドが持つ石言葉は、「純潔・永遠の絆・純粋無垢」等があります。宝石の中で突出した硬さを持ち、傷つくことなく永遠に輝き続けるダイヤモンドに、お二人の愛が永遠に続くことを重ねられてもいるのでしょう。

当店では、米国宝石学会公認鑑定士(GIA.G.G)の資格を有するスペシャリストのオーナーが、各グレードからより品質の良いダイヤモンドを見極め、皆様へご紹介させていただいております。

お客様にとって、ご納得いただける特別な美しい宝石をお選びいただけることと思いますので、是非、お気軽にご来店いただければと思います。
また現在、オンライン接客も承っております。数分からでも、何気ない疑問でもどんなことでも安心してご利用くださいませ。お申し込みはHPより、各SNSへ移行できます。
https://mitsuwa-jewelry.com

皆様とお会いできますこと、心より楽しみにお待ちしております。

  スタッフ 田中


【店舗情報】

美つ輪

https://mitsuwa-jewelry.com/

愛知県半田市更生町2-154-18

0569-23-2902

営業時間10時~17時

水・木曜日定休